2018年4月9日月曜日

2018.春の特別ワークショップを開催しました。

3月31日、4月1日ヒューストンバレエアカデミーで30年間主任教師を務められたプリシラ・ネイサン・マーフィー先生をアメリカからお招きして特別ワークショップを開催しました。
英語でのレッスンに最初は生徒達も緊張気味でしたが、先生の明るさとパワフルなレッスンにどんどん引き込まれました。
バレエクラスでは基本を根本から丁寧に教えて頂き、コンテンポラリーのクラスでは新しい身体の動きなどにも挑戦し、とても充実した2日間でした!











プリシラ ネイサン マーフィー先生の略歴

ローズエバーウェインダンスカンパニー(シンガポール)やスペースダンスシアター等、バレエダンサーとして活躍した後、19856月~20155 までの30年間ヒューストン・バレエ・アカデミーにおいてバレエ教師(うち2003年~2015年までは初等科の校長)として勤める。低学年クラス、オープンクラス、幼児クラス全体を監修し、また低学年及び高学年のクラスにおいては、クラシック及びモダンの指導を行う。毎年行われる学校公演において、セカンドカンパニーの舞台監督、キャスティング、リハーサル、衣装に至るまで、責任者としての業務を行う。ローザンヌ国際バレエコンクールに出場する生徒の指導を行い、2009年以降はファイナルに出場し、素晴らしい結果を残した。また在籍中、数多くの振付を行い学校公演において披露された。ヒューストン・オペラやTexas Institute for Arts in Educationにおいても非常勤講師及びコンサルタントとしてクラシックバレエ、コンテンポラリー・モダン、レパートリーインプロビジョンの指導を行う。現在は、オクラホマ大学においてバレエを教えている。
講師資格
British Association of Teachers of Dance (BATD)の講師資格
RAD教師資格
受賞歴
National Foundation for Advancement in the Artsにおいてトップ10 講師に選ばれる 
Whos Who Among Americas Teachersにおいて11名のベストティーチャーに選ば
 れる
・全国振付コンクール(アメリカ)において優勝
・ヒューストン市の文化事業部において振付賞を受賞




2018年1月15日月曜日

2017 ジャパン・ダンス インテンシヴ

2017年12月26日〜30日まで行われたジャパン・ダンスインテンシヴにアカデミーから中学生2名、小学生3名の生徒が参加しました。
インテンシヴは以前「 ひこねダンスインテンシヴ」として行われており、今回は2年ぶりに東京での開催となりました。



レッスンはクラシカルクラス、コンテンポラリー、レパートリー、座学、クリエイティブなど充実の内容です。
最終日には保護者の方々の前でのデモンストレーションとスカラシップの授賞式も開かれました。
今回アカデミーより、佐藤拓実くん(15歳)が「イギリス ブライトンコンテンポラリーダンス サマーキャンプ」のスカラシップ賞、髙本一花さん(11歳)が「ロイヤル コンセルバトワール オブ スコットランド サマースクール」のスカラシップ賞を受賞しました。

佐藤拓実くん(15)髙本一花さん(11)

1年の締めくくりとしてとても実りある充実した5日間になりました。
学んだ事を忘れずに、次の自信へとつなげて欲しいと思います。
受賞された方おめでとうございました。